さくらの落とし穴


さくらインターネットは安価で高機能なサービスを多数提供していますが、落とし穴もあったりします。というか落ちました。
レンタルサーバに詳しい方々ならご存じではあると思いますが……

このブログはさくらのVPSで提供しています。同じサーバでメールサーバも動かしているのですが、スパムフィルタやらウイルスチェックやらを動かしているとだんだんサーバリソース的に辛くなってきたりします。なので、メールだけさくらのメールボックスに移行しようと考えたのです。

結論から言えば、現在の環境のままメールだけさくらのメールボックスに移行するのは不可能でした。
さくらのレンタルサーバ・メールボックス・ブログには、どうやら1ドメイン1サーバの呪いがかけられている模様なのです。

これらのサービスで独自ドメインを使用する設定を行うと、さくらのネームサーバにそのドメインのゾーンが作成されます。このゾーンはドメイントップ・www・mail等が全て当該サーバを向いており、編集ができません。
では予め作っておけば良いのか?というと、既にさくらのネームサーバに同一ゾーンが存在する場合、サービス側で独自ドメインを使う設定自体ができません。

つまり、さくらのレンタルサーバ・メールボックス・ブログを他のサービスと組み合わせて使うには、専用に他のドメイン(サブドメイン可)を用意しなければなりません。さくらのネームサーバをerirun.netのレジストラから参照せずに別途ネームサーバを用意する、という方法も考えましたが、さくらDNSを直接参照する環境でおかしな事態が起きそうです。

もうブログもメールも「erirun.net」でサービスしてて今更変えられねえよ!!!!!!1!!!!

というわけで、さくらのメールボックスは泣く泣くキャンセルしたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*